ながめのいいワンルーム

一人暮らしのリノベーションとその後の暮らしのブログ

さかのぼること約10年前・・・今日はちょっと長いです


中古マンションを探していた時の条件は以下10件でした。



1. 新耐震基準(1981年制定なので1983年以降竣工を目安)
2. 予算内であること

3. アクセスの良い場所:中央線沿い、JR線沿い(終電が遅くまであるのが良い)

4. 最寄り駅から徒歩10分以内

5. 35平米以上

6. 日当り良好

7. 治安が良い

8. 1LDK(寝室が欲しい)

9. 対面式キッチン
10. 居間と寝室は仕切ったり繋げたりできると尚良い



条件1~6 を入力して検索すると、10件もヒットしなかったと思います。
内覧したのは、4件でした。

中古物件はピンと来たらタイミングが勝負。


情報が更新されるタイミングは目を光らせる日々。

探し始めてから2ヶ月ほどで決めました。


条件にフィットする物件は少なかったですが、
逆に絞られた中で探しやすかったようにも思います。


そして、結果、叶えられた条件が

12356でした。
 
特に1が絶対条件でした。

 は私鉄からですとクリアしているのですが、JRの駅からは10分以上歩きます。

 8910 の間取りに対する希望は叶えられませんでしたが、
 

 間取り図
何度も登場するこの間取り図。。。実測の物を載せられるようにしたいと思います(製作中です)


広いワンルームの開放感潔い間取りにはっとさせられたのと、
 

条件には入れていませんでしたが、眺望が良く、都心とは思えないほどが見えます。


タイトルの由来でもあるのですが、
室内外ともにながめがいい
 

写真 2015-10-09 11 20 53

緑がよく見えます

広さに対するコストパフォーマンスや、ロケーションもろもろ運命を感じて即決しました。

直感も大切!と思っています。



大学を卒業して間もない頃に、都心に中古マンションを購入した友達や
いつでも山手線の輪っかの中に住む友人
(後に都内中古マンションを購入してリノベ)

影響もあるのですが、一人暮らしをするなら、都心に住みたいと思っていました。


基本的には引き蘢ることが好きなので、

交通の便がいまいちになるとますます出不精になりそうだけど、

都心ならフットワーク軽く出来るし、気軽に友人を呼ぶことが出来て良いなあと。



そして、資産価値です。


マンション購入時、私はなかなか結婚しそうもないなあと思っていて、

でも、何かあった時のことも考えねば(何もありませんが 笑)と。


日本の人口はこれから減少し、家が余るようになっていきますが、

都心は例外と言われています。そちらも良い理由となりました。



9年住んでみて、引越したいと思ったことはありません。


一人には十分な広さ、申し分の無い日当り。

少々賑やかなこともありますが、遅い時間でも人通りがあり、それが治安が良いと
考えるのは一概に正しいとは言えませんが、街自体は平和な雰囲気です。


私が乗る通勤電車は大きな人の流れとは逆のようで、ストレスが少ないです。

遠出する必要もあまりなく(これは私のライフスタイルのせい?)

自転車でも気軽に色々な場所へ行けますし交通費があまりかかりません。

実家へ帰るのもさほど遠くありません。


ここに決めて本当に良かったと思っています。



にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

良くないことと分かっているのですが、私はあまりメモを取る習慣がありません。


リノベーションをするとなると、些細な思ったことなど、忘れやすいので


何でも書いておくべきだ!と思い、習慣を変えるようにしました。



家の中を徘徊して(狭いですが)思ったことがあったら、ペンを取り箇条書き。


仕事中でもふと思い出したら、メモ。


リノベーションの打合せが始まってからもこの習慣は本当に大切と思いました。




そして、とりあえずやりたいと思ったことを全部書き出しました。


リノベーション会社の事例等を見ていると、


この広さでこのくらいの予算でこれだけのことが出来るのか…と


おおまかな予想はつきます。


しかし予算は無視です。


とりあえず夢は書き出します。現実は後回し。


そして、優先順に並び替え。。。



そんなこんなで、以下の準備をしました。




1.やりたいことリスト


みなさんはどのような伝え方をするのでしょうか。
 

もっと周到にされていたりすると思いますが、


私は、ほぼ箇条書き状態ではありますが、簡単なリストを準備しました。

計画
優先順に書いたので順を追って話を進められるのではと思いました。




2.ビジュアルイメージ


好きなイメージをとにかく保存。こちらもメモと同じですね。
 

施工希望箇所やジャンル別にざっくり分けてプリントしたものを準備しました。
 

clip

A4で12ページほどになりました。施工会社の事例やPinterestが多いです。




3.現状の図面


新築で買ったわけではないので正規の図面を持っていません。
 

不動産情報に出ていた時の図面と、

間取り図
 
何度も登場しているこちらの簡素なものです。


同じ広さで過去は同じ間取りだったと思われる下の階が売り出された時のチラシを取ってあり、
 

そちらの図面の方が分かりやすそうだったのでそちらも準備しました。


チラシには築年数や平米数等詳細が載っていたので話も早いと思いました。




4.現状の写真


打合せでリノベーション会社の方も撮られるとは思いましたが、
 

私の方でもざっくりと部屋を撮った物をプリントアウトしておきました。




5.掃除


問合せをした2社のうち、1社は最初から現場訪問でした。
 

(その前に、オープンルームに訪ねた時にザックリとした概要をお伝えしていたのですが)


とりあえず、一生懸命掃除しました(笑)

にほんブログ村 トラコミュ リノベの生活へ
リノベの生活

いろいろ調べていると、
 

へー、こんなことができるんだ!とか


あ!このテイスト好き。とか
 

リノベーションの無限の可能性に惹かれて行きました。



特に、我が家が抱えている問題の優先順位としては上位ではない

キッチンや玄関が面白いと思いました。


リフォーム会社のメニューに無さそうなことがリノベーションでは自由に考えられて、


うちにも取り入れたい!と考えるようになり、




私が本当にやりたいのはリフォームではなくて

リノベーションだ!という結論に至りました。




そんなネットサーフィンの日々に、
 

リノベりす1周年記念イベント「リノベフェス」なるものを発見。


気になっていた会社などもフェスに参加されるようなので早速申し込みました。



イベントは3月20日でした。
 

スライドショーなどのプレゼンテーションで現場の方の生の声を聞くことができて、
 

ぼんやりしていたリノベーションのイメージがくっきりと、
 

そして、リノベーションに興味を持っているたくさんの参加者を見て、


より現実的な気持ちを持つようになりました。行動せねば!と。



そこから、


オープンルームの案内があったら行ってみたり、


自分の好きなテイストをクリップしたり、


資金計画を立てたり、、、



しかしまあ、ひとりなので、あまり沢山のことを抱え込めないし、


ストレスレスで行きたいので、3社以上問い合わせしたいところでしたが


直感的にいいなーと思った2社に問合せをすることにしました。


 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ